ボルダリングをしているとボテの存在が混乱を招くことがありますね。

ボテって下の写真のオレンジの部分のような物をいいます。
トライアルセット

クライミングのホールドとは

このボテですが、使っていい場合と使ってはいけない場合があります。

まず足自由課題。

足での乗るのは問題ありません。

でも手に関してはボテ自体にシールが貼ってあるかボテOKという表記がどこかにないと使ってはいけません。

次に足限定課題。

これは勘違いしている人がとても多いです。

シールが貼ってあるか、ボテOKという表記がなければ使ってはいけません。

よく見られるのが、ボテにたくさんのホールドが取り付けられていて、そのうちの一個のホールドにシールが貼られている事があります。

そうすると何故かボテまで踏んでしまっている人がいるんですね。

ボテにシールが貼られていなければ使ってはいけません。

ボテを使ってしまうとレベルが落ちて簡単になってしまう課題もたくさんありますから気を付けましょう。

上の写真でいうと白の星課題に取り組んでいるのであれば、ボテ全体どこを踏んでも触ってもOK。

ボテのくぼみに足をかけても手をかけてもいいのです。

これに対して赤の十字課題に取り組んでいるのであれば、ボテ上にある二つのホールドしか掴んではいけないし、踏んではいけません。

ボルダリングはきちんとルールを理解して登らないと自分のレベルが解らなくなってしまいます。

特にボテには気を付けましょう。

トップページへ戻る
ボルダリング クライミング横浜
ボテは踏んでいい?