トライアルセット

クライミングのホールドとは

クライミングの ホールドとは
トップページへ戻る
ボルダリング クライミング横浜
この他にも変わった形のホールドは沢山ありまして見ていると面白いですよ。象の形、人間の手の形、心臓の形等々、ジムに行ったら良く観察してみましょう。

ルートを構成するこれらのホールド、コースの中の一つのホールドが変わるだけで難易度がぐっと上がったり、下がったりします。
極端な事を言えばわずかに角度を変化させるだけでも大きく難易度が変化します。
面白いですよ。

我が家の壁に打ち付ければ即席ジムが出来上がるんですが、狭い我が家では叶わぬ夢です。
広い自宅の方はボルダリング用の壁を自宅に作ったりも出来ますよ。
専門の業者がいるので問い合わせてみると良いと思います。
どの程度の費用が掛かるのかは未知数です。実際にプロの登山家の方達は自宅にこういった壁を作ってトレーニングしているようです。
ホールドとはボルダリングクライミングジムにおいて壁に取り付けられている物です。
実際に手で掴んだり、足を置いたりします。
非常に硬い素材で出来ているので破損する事はありませんが、稀に掴んだ拍子に割れたりする事もあるようですので、注意して下さい。

一口にホールドと言っても千差万別、実に沢山の種類のホールドがあります。
形、色、手触りの違いがあり、これらを組み合わせる事でコースを作っていきます。
ルートを考えてくれるジムのスタッフには感謝です。

ホールドとはこういったものです↓