インサイドフラッギングって何?
食事療法
ボルダリング クライミング横浜
トップページへ戻る

こちらは使い方が良く解っていないムーブです。けっして難しい姿勢ではないのですが、使い道をいまいち感じる事が出来ないんです。
かぶっている壁で使う事によって腰が壁に近づくので腕への負担が少なくなるんですが、どうしても流れの中でこのムーブが自然と出てくる事がありません。
これが自然と出てくるようになるとレベルが一つ上がった事になるのかも知れません。
左手と左足が力点になっているんです。別ページで紹介しているダイアゴナルとは足が違うんです。