カチって何?

クライミングとは

出会い
ボルダリング クライミング横浜
トップページへ戻る

こちらがより強いカチ持ち、親指で人差し指を巻き込んで5本の指でカチを持つことが可能です。もちろん強力な親指が参戦してくるため、ホールド力は普通のカチ持ちの比ではありません。
どんなカチどんなルートでもできる持ち方ではありませんが、可能な場合はこの巻き込みカチを使う事をお勧めします。
こんなに持てるのか!と驚きますよ。
但し、この持ち方は関節の柔らかさに依存してくるようで、私の友人はこの巻き込みカチができません。
出来る人とできない人の差は歴然。

管理人のブログ

手前から撮影。

この画像にあるように非常に小さくちょっと長細いホールドの事をカチと言います。カチを持つ行為をカチ持ちなんていう言い方もします。辛いんですこれが。
レベルが上がっていくとカチが増えてきて指が痛くてしょうがない。体重を掛けている時に不意に指が外れてしまうと大変痛い思いをします。
でもこのカチ持ちは避けては通れません。カチを鍛える事によって上達が早まるのは間違いない。
非常に大切なホールド保持方法です。
指先を鍛えてカチが得意になれば、こっちのものですよ。

2017年5月28日、写真を追加してみました。

クライミングの用語の中でカチという言葉があります。カチとはなんの事でしょうか?

これは通常のカチ持ち、分かりやすいように横から撮影。親指を除く4本の指でホールドを持ちます。

ボルダリング クライミング横浜