トライアルセット

ボルダリングを始めるには

ボルダリング クライミング横浜
トップページへ戻る
半導体フィールドエンジニアのつぶやき
ボルダリング日記

このページでは日々感じるボルダリングに関する日記を書いていきたいと思います。

2018年1月27日
船壁が完全リニューアルされましたね。ボルダリングジムはルートの変更が頻繁に行われるか否かが非常に重要です。
早速登ってみたんですが、簡単である筈の緑や黄色が意外に難しかった。緑でこのホールドはないようねというのが多かった。
ボルダリングにおいてレベルわけは本当に難しい。
来週も集中的に登ってみます。


2018年1月24日
クライミングを始めてみたいけど始められない人って沢山いると思います。私も始めはそうでした。
だってクライミングって落下する可能性があるからロープを体に装着して、ロープを誰かに手繰ってもらわないといけないんでしょう?そんな考えが頭の中にあったんです。そうなると常に誰かを誘わないといけなかったり、ジムにいる人と交流をして人脈を作ってetcとか面倒な事が多くなってきます。
交流が苦手な人にとってはこれが一番の障壁になっているような気がする。
でも安心してください、ボルダリングはロープは必要ありません。完全に一人で完結できるスポーツです。
但し、一人で完結するのはジムでのボルダリングだけですけどね。外岩はそうはいきません、落下先が地面なわけですから持参したマットを下で自分の体の下に移動させてくれる仲間が必要です。
でもボルダリングジムは地面が全て厚いマットで覆われています。
だから、下に人がいなければ落下してもケガをする事はないのです。
自分の体をチョークバッグ、クライミングシューズ、これさえあれば自分の都合に合わせて好きな時間にボルダリングができるんです。

自分だけの都合で自分の好きな時間にできる、これが趣味において最も大切な事なんです。
だから私は12年も続いているんですね。

もちろん気の合う仲間と壁に関して議論をしながら登るのはとても楽しいんですが、一人でも十分楽しい。自分一人で始められて続けられるスポーツ、これはなかなかないのではないかと思います。
一人で何かを始めるってとても大切な事ですよ。



2018年1月22日
船の課題が1週間限定で作られてました。限定とか言われた課題って、リニューアル後は残らない事が多いんですが、真面目に登ってみました。
難しい課題ばっかりでしたね。
紺も一個出来なかったし、白に至っては一つもできなかった。
右側の白の課題はもう少しというところまで行ったんですが、結局ダメでした。力が残っている時にもう一度トライしたかった。
リニューアルが楽しみです。


2018年1月14日
2階のねじれのルートセットがありました。でもホールドは変わってなくテープのみの変更でちょっとがっかり。
早速登ってみましたが、またまた難しくなっている。紺が一個しかできないってどういう事だよ。
ピンクから順番に登っていった為に疲れていたとはいえ、難しかったね。
次回元気な時に再チャレンジ。
特に一番左の紺課題はシンプルだが非常に難しい。


2018年1月7日

2018年初めてのボルダリングをしてきました。B-PUMP2に行ってきたのですが、子供達が2階を占領していたので1階で登ってみた。
最近また課題が難しくなってきてますね。1年程前にレベルが一つずつ下がった筈なんですが、水色なんて全く出来ない感じになってきてます。
そんな中これも絶対に無理と思われる水色課題が。少々見ずらいですが赤丸で囲んであります。

まず間違いなくランジを想定した課題だと思います。ゴールのホールドだけ写ってませんが。
これも難しすぎでしょう。できている人を見た事がない。
何とかしたいんだが、どうなることやら。
暫く集中的に取り組みたいと思います。