トライアルセット

ボルダリングを始めるには

半導体フィールドエンジニアのつぶやき
ボルダリング クライミング横浜
トップページへ戻る
ボルダリング日記

このページでは日々感じるボルダリングに関する日記を書いていきたいと思います。

2月24日
1階右壁は難しい。緑や黄色が難しいので、それに合わせて紺も難しくなっている。
ようやく全て終わったんですが、右壁の奥にある茶色ホールドで統一されている課題は10回近く落ちました。
ガバが全くなくパーミングとピンチばかり、ゴールもパーミング。
なかなか面白い課題で夢中になりました。皆さんも是非トライしてみましょう。
上腕二頭筋の裏側がパンパンになりました。
色々と工夫しないとクリアがままならない、そういう課題こそボルダリングの醍醐味。
ようやく白にいけるが、白も難しそう。左壁とレベルが違いすぎるよ。


2月23日
最近次から次へとホールドが替えがあるので、慌ただしい。
嬉しい反面、やりたかった課題が疎かになってしまうのが、残念でもある。
今度は左壁がリニューアルされるらしい。
奥にあるオレンジの課題に少し光がさしていたのに。。。。
最近新しいホールドも多くて、対応が難しいなー。
贅沢な悩み。

2月17日
一階の右壁とスラブがリニューアルされたので登ってみました。
新しい壁はたのしいですね〜。
でもこの壁、レベルがおかしいきがしますね。
簡単な緑の課題が特におかしい。緑レベルの人がこのホールドは持てないでしょう、というホールドが沢山ありました。
紫から全部登って行ったら疲れちゃった。紺を二つだけ登って終了となりました。
今回はスラブの課題が面白い感じですね。


2月9日
最近はオリンピックにボルダリングが採用されたこともあってすっかり人気が定着してきました。
そのせいか一時期よく見た”最近ボルダリングにはまってます"という芸能人をテレビで見かける事がなくなりましたね。
何年か前に向井 理さんがはまっていると言って、ボルダリングジムで登っている様子を流してましたが、やめてほしかった。
はまっているというレベルではないんですもん。
スラブ程度の壁で8級とか7級を登っているだけで、あれをテレビで放映されてしまうと魅力が半減してしまいます。楽しさも激しさも全く感じなかった。
テレビで言ってくれるのはあらがたいと思いましたが、実際に登っているところは流さない方がよかったですね。
もっと前はもっと酷かった。
ゴールデンの番組に小山田 大さんが数人の有名人の一人として出演していて、それぞれの人が特技を披露していく形式だったと思います。
スタジオにこれまたスラブ(垂壁)が用意されてきて、軽く登ってましたが見ていて可哀そうになりましたね。何がすごいんだか全く伝わらない。
小山田さんは全く悪くなかったと思います。製作スタッフが悪い。
世界の小山田なんだから、ジムで2段、3段の壁を登っているところを放映すればいいのに、見ていられなかったです。本当に。
これからは見せ方を考えていきましょうね。



2月3日
2階のねじれ壁がリニューアルされました。
ボテが沢山追加されて今までにない様相になってました。
でも混雑していのたで1階の船で登ってました。
船ってやっぱり面白いですね。
垂壁に近いところもあれば、かなり傾斜のきつい部分もある。
船がリニューアルされると暫く夢中になって登っちゃいますね。
紺は全て終わりました。
白はいくつかかなり難しいものがあり、ずっと残りそうです。